借地権付き建物の無断売却

借地権付き建物を借地人が売却すると、借地権も自動的に第三者に譲渡されます。この場合、地主の承諾が必要なのですが、世の中ではこの点に関するトラブルも尽きないのです。借地契約のルールを知らず、自分の建物なんだからということで地主に無断で売ってしまう事例が後を絶ちません。

地主の承諾を得るのは確かに色々面倒ですが、地主に無断で売るのはルール違反です。うるさい地主なら、借地の賃貸借契約を解除される可能性があります。そうなってしまうと借地権が消滅し使えない土地の上に建物が建っている状態になります。これでは、せっかく売却したのに新しい所有者から売買契約の無効を主張される可能性すらあります。

地主の承諾を得られない場合、裁判所に許可を申し立てることも可能ですが、認められるかどうかは、これまでのトラブルの有無や土地の使い方、新しい借地人の借地料支払い能力などが考慮されます。場合によっては裁判所は地主への承諾料支払いを命じるかも知れません。そもそもの話としてトラブル続きの土地の上に立った建物を買うことになるわけですから、なかったことにしてほしいということになりかねません。普段から地主さんと良好な関係を作るのが大切なことが理解できますね。